なにがなんでもくちマウス::2010年06月
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<< 2010年06月 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
  
荒天の中の釣り公園
サバ,ソーダです,荒天で写真が撮りにくくてスミマセン 先週は自宅待機となった釣行だが,どうも和歌山北港魚釣り公園の釣果が気になる.毎日のようにソーダとサバの情報もあるのだが,なにせ週末となると人が非常に多く,ストレスが溜まってしまう.天気予報では嵐ということだったが,私的には,また勝手に予報を変えて,雨雲は四国までで大丈夫だろうと思い,また,嵐であれば,人も少ないだろうと都合のよい考えで,超久しぶりに和歌山北港魚釣り公園へ強行することになった.朝4時30分に現地に着くと,雨にもかかわらず,既に車は20台位並んでいただろうか?恐るべし釣り公園である.5時に料金所が開いたのでそれまでに合羽,長靴に着替えて,完全装備で臨むのであった.今日はなぜか,1番ゲートの人気がなく,車は5,6番に集中しており,サバ,ハマチ情報が効いているのだろうか?なんともおかしな展開である.どこにしようか迷ったが,人気の5番ゲートを選択し,早速,場所取りをっと思いきや,階段を超えると,海が,風が,雨が,...荒れちゃってます!できないことはないが,かなり厳しい状況.それでも後から人はドンドンやってきて,ホントに荒天なのに家族連れから,オイヤンまで10~20 m間隔で,変にしゃくると竿が当るほどである.まあそれでも6時30分に第1波が来て,4ヒロで,タモ入れをオイヤンに手伝ってもらい(この波で一人でタモ入れは,無理!),なんとかマルソーダをゲットしたが,この天候では群れも散発的で後が続かない.雨,風が止む様子もなく,波も高くなってきている.修行のような状況に参ったのか,10時前には殆どの人が納竿していく始末である.そんな中,5番ゲートに並んだオイヤン,私,オバヤンの3人は何故か帰るそぶりもなく,手返しており,他人から見たら正気でないのだろう.時折,波も被るのだが,雷はなかったので,まあ,練習と思い,おにぎりを食べながら,気分はノンビリしていると,お昼過ぎに第2波がやってきた.6ヒロで刺餌に掛かり,やはり晴れていないとカブラ効果は小さいようだ.その後もオイヤンがサバをポツポツゲットしたおかげでなんとかモチベーションを保ちつつ手返すことができた.オイヤン,オバヤンに棚を4.5ヒロと教えてもらい,投じると直ぐに強烈な引き!良型のサバをゲットすることができた.夜までやるつもりだったが,とにかく凄い風と雨で,これから満潮ともなれば,危険な状況だろうと思い,餌をオバヤンにあげて(っというか,オバヤン,まだやる気なのかよ~気をつけてな~っと思いつつ),オイヤンと一緒に午後3時に納竿となった.結局,40 cm前後のソーダ4匹,サバ3匹をゲットし,マルソーダ2匹はオバヤンにあげて,残りはお持ち帰りとなった.ソーダは,1匹をお刺身,1匹は醤油で煮付けて,サバは2匹を圧力鍋で味噌煮,1匹は〆サバにし,今日も美味しく頂きました.この時期ソーダの刺身は,マルと言うこともあるのだが,少し身が柔らかく,あまり美味しいものではないが,お店で売っているものと同じぐらいじゃないかな?醤油煮もそうだが,ポン酢で食べた方,良いかもしれない.サバは脂も乗っており,味噌煮も〆サバ(簡単レシピは後日)も最高に美味しく,これだから北港は荒天でも人気のスポットなのだろう.次回は平日に休みを取って,晴れた日に行きたいものだな~

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=175 
comments (6) | trackback (0) | 釣果::和歌山北港釣り公園 | by くちマウス |
太刀魚の鍋
太刀魚の鍋です タチウオも沢山釣れるとお刺身分をキープした後は冷凍庫行きとなるのだが,食べ方も色々あって釣りに行けなくとも楽しみである.今日はタチウオの鍋というのを紹介したいと思う.っというか,ただ単に煮ただけでしょ?っと言ってしまえばそれまでであるが,これがまた,出汁が凄い!小さくて食べるところがなさそうな大きさでも,しっかりと旨み成分が出てくるのである.指3本クラスは適当な大きさにカットして冷凍してから,時期を見計らって,鍋行きとなるのである.腸を取り,ほぼ水炊きに近い状態で,味付けは塩少々で,エノキ系のとろみが出るような食材を一緒に煮込むと,コクが増幅されて,これがまた激ウマである.みなさんも一度で良いので試してもらいたいです~っと言うことで今週は釣りに行っていないです~

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=174 
comments (6) | trackback (0) | レシピ | by くちマウス |
タチウオ狙いも玉砕
今日は朝から晴れており,飲み会明けであったが,梅雨入りしてこの先,釣りに行けるかどうかも解らない.毎週ポツポツであるがタチウオをゲットしているが,そろそろ爆釣しても良い時期になったのではないだろうか?っと勝手な妄想に誘われ,今日も和歌山に来てしまうのであった.現地に昼3時過ぎに到着すると,南風が強くとても遠投できる状況ではない.遠投カゴの人が1人いたが,掛かるのはフグばかりであり,中アジは,やはり終わってしまったようだ.日も暮れるに連れて,タチウオ狙いの人も増えてきたものの,やはり強風と一向に当りのない状況が続くのであった.私もと早速,キビナゴ,タチウオのハラス,サンマと餌を変え,棚を変えての努力も空しく,辛抱の時間が続く...っていう間に朝になってしまったではないか!結局,当りも一度もなく,フグにキビナゴの腸を齧られた跡だけを眺める始末となった.朝10時からテニスだったので,朝5時前に納竿しようと,仕掛けを回収しようと足元に落とした瞬間,ググッっと強い当たりがあり,これはと思い引き上げたら,20cmオーバーのガシラちゃんであった.後ろで様子を見ていた子供が「ガシラだ!」っと言っていたので,1匹だけ持って帰っても塩っぱいし,ここは進呈することとし,久しぶりにお持ち帰りゼロの完敗に終わってしまった.こういう時は精神的にも参っていて,相当疲れたのか,高速でコックリっと一瞬,記憶のない状態...危うく大事故を起こすところであった.いつもであったら,パーキングに車を止めて仮眠するのであったが,予定があったので,無理をしたのがいけなかったのであろう.釣果よりもなんとか,無事に帰ってこられたことが,大きな収穫であったが,これが一番大事なことだとつくづく思う今日この頃であった.みなさんも気をつけましょうね~っということで,今日は写真なしです,ゴメンナサイ...

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=173 
comments (6) | trackback (0) | 釣果::和歌山市近郊 | by くちマウス |
オカズ分だけ雑賀崎
タチウオさんとアジ君フグ君
本日のお刺身 毎週の釣行が必然的になり,ウィークデーでも頭の中は釣りでいっぱい!イメージトレーニング(妄想)を始めると眠れない始末.病気というか生活の一部と化した状態では,週末ともなれば,ボルテージアップ!っということで,今日は強引に半休を取り,タチウオ狙いで和歌山港にやってくるのであった.到着すると釣り場には人でいっぱい,まったく,こいつら平日の昼間に何やってるんだ!っというか私もなのだが...人気のスポットなのであろう.時間を追うごとに夕マズメを狙いに続々と人は増えていく.私も早速,自作のキビナゴに塩サンマを投じるが,当りは一向にない.夜7時過ぎに2回ほど当たりがあったものの,やはりスカってしまい,オイヤンから合わせのタイミングを伝授されることになった.それでも,周りでは,当りすらない状態なので,餌を自分で拵えた甲斐があったものだ.しかし,徐々に風も強くなり,思うようにベストポイントに仕掛けを投じることができず,なんとも非効率に時間だけが過ぎていく.夜も2時を過ぎたあたりから,風も止んできて,なんとか釣りらしい状況が整ってきた.夜3時,強い睡魔が襲ってきたのだが,餌をサンマからキビナゴに変えた途端に,大きな当りで一気にアドレナリン大放出となった.ここはオイヤンの言われた通り,誘いをかけて,一気に食わせてやると,イメージ通りにフックオン!指3本(82cm)と型は小さいものの,何とか1匹をゲットすることができた.その後も2回,当たりがあったが,隣のルアーマンが当りに気が付いて,待っていてくれたのだが,時間をかけては申し訳ないと思い,早合わせしてしまい,これも空振りに終わった(うーん小心者...).合計6,7回は当りがあったのだが,食いが非常に浅く,誘いにもなかなか乗ってこない.この辺りが中毒にさせる魅力でもある(ナンパ術も同じ?).夜も明けたところで,期待薄の雑賀崎で,常連オイヤン達とチョイ投げカゴ釣りをして,中アジをなんとか5匹ゲット,我が家のオカズ分をゲットして,カワベーカリーの開店に合わせて納竿となった.タチウオ,アジともに全部お刺身にして,今日も大変美味しく頂きました!カゴ釣り中にウキが上下に動くが,何回合わせても針掛りがなく,それでいて重く,おかしいと思って上げてみると,やはり,針には魚は付いていない.気のせいかとカゴに目をやると,何とビックリ!フグがカゴに顔を突っ込んで抜けられなくなっているではないか!怒って膨れるから余計にカゴから抜けない(ピッチリハマっていて,結構,取るの大変でした...).まったく食い意地の張った誰かのようなフグなのであった(当然リリース)...気候も良くなり土日は,どこの釣り場も人で賑わってきたのだが,間隔が狭いので,次回は平日に丸々休みを取って,ノンビリと釣りを満喫したいな~

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=172 
comments (10) | trackback (0) | 釣果::和歌山市近郊 | by くちマウス |
    ▲TOP▲
NEWS
PROFILE
total todayTODAY_COUNT
「いただきもの」欲しい方ClickHere

LINK
RANKING
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 釣りブログへ
CONTACT ME
MOBILE
携帯QRコード