なにがなんでもくちマウス::釣果::北海道
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2019年11月 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
  前の記事>>
2019北海道
2019カラフトマスちゃん処理後です
 今年もやって来ました北海道!毎年のイベントとは言え,まあ,お盆の帰省なんだから仕方ないことに便乗し,釣り三昧を目論む悪巧みを計画し,今年もやりたい放題を臨むのであった.今回も社長の粋な計らいでカラフトマス釣行に乗船させてもらうのだが,何せ天候が気になる始末.往路の台風8号を交わし何とか,北海道に上陸するも,降雨に見舞われ,テンションはちょい下がり.知床の第一ホテルも事前予約を何とか滑り込ませて,前夜祭はマルスコイでお海産物を腹一杯に満たし,早朝の決戦へと挑むのであった.朝4時30分に漁港に待ち合わせて乗船し,知床半島を北上するも既に猛者達が絶好のポイントへと陣取っている.河口に6艇も張り込んでいては,マスも散ってしまい勝負にならない.っということで,社長判断で着いた釣り場がかなり良い雰囲気!流石,読みが深いというか社長の判断に毎年,感心するも,いざ,着座となれば一心不乱である.早速のヒットをゲットしつつ,効率の良い手返しが続く,やっぱり浮きスポンはすっごく気持ちが良い.私はエギロッドでマスの口が切れないように慎重なランディングだが,どうも地元民はフロンティア精神で,大胆なやり取りが好きなようだ.竿も硬調子だし,ドラグは締め付け完全固定である.私はと言えば,10ポンドぐらいでリリースするような設定で,なんか釣れるけど,大阪っぽいセコイ釣りとなっている.セッパリのマスも回収しつつ,終わってみれば15匹ぐらいは釣っただろうか.社長様様である.そのうち5匹を持って帰ることにし,甥っ子が食べたいというのでメンタはマスのイクラを作り,身は塩焼きで食べるようにカットして大阪に送付.頭と白子は三平汁とやっぱり釣りっていいな~っと思うのであった.2日後も単独釣行で漁港に出向き何とかオンタのマスをゲットしたのだが,粘っても1匹のみの始末.それでも周囲は釣れていないし良かったのではないだろうか.甥っ子に釣りを教えるべく,投げ釣りに網走港にも出かけたが,釣れるのはウグイばかり...まあ,骨は多いけど,そんなに不味い魚じゃないけどね.夏休みの宿題に魚拓を取るというので,異種を狙いつつゲットしたちんまいカレイがせめてもの救いか.宿題のスペックを満たしたかどうかは解らないが,まあ,持っていることは間違いない.台風10号のせいで船が欠航し,無理やりブッキングで1日前倒しの大阪復路となったが,旭川では「いってつ」,小樽でいつもの「さんぱち」ラーメンも食べられたことだし無事に帰ってこれたことを感謝するしかないだろう.マジでよく予約変更できたと思う.無事が何よりということで,次回はどこに行くのかな~なんって思いつつも冷凍庫は魚で一杯なので,頃合いを見ながら出陣と行きたいものである.

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=347 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::北海道 | by くちマウス |
2018北海道
新日本海フェリーの夕食マルスコイの夕食
 今年もやってきました北海道!大阪北部地震の影響で船の予約をうっかり忘れてしまい,何だかんだで長期滞在となってしまうのだが,その分,釣りをする機会も増えるということで良しとしよう.早速,実家に到着すると次の日は知床第一に宿泊!ここの夕ご飯は何時も豪勢で,お刺身,カニも食べ放題!そんな中でもホッケの飯寿司,数の子とアイスクリームは何回もお替りして,お腹がはち切れんばかりである.
カラフトマス氷下魚の干物
翌日は社長さんの船に乗せてもらい,知床半島の先端まで行き,カラフトマス釣りを堪能するのであった.地合いともなれば,ほぼ入れ食い状態で,釣りというよりは漁感覚なのだが,そんな中でも腕の差は出てしまう.もともと口の弱いカラフトマスは,やはりハリスもドラグも緩めの設定が良いのだが,あまり走らせると,隣やアンカーロープに絡んだりとこの辺りがやり取りの難しいところなのだろう.エサ取りのガヤと攻防しながら,昼まで目一杯釣り上げ,何とか2桁本数といったところだろうか?思いっきりお世話になりっぱなしで,いつも悪いと思いつつ魚をゲットして帰宅するのであった.その後はお捌きタイムである.切り身は軽く塩を塗し,筋子は醤油漬け,粗は三平汁とで分別した後に冷凍し,宅急便で大阪まで送るのであった.2日後は甥っ子が釣りに行きたいというので,カレイでも釣ろうかと網走港まで足を運んでみた.禁漁区が多いので,釣具屋の人に色々と聞きながら,ハッチ釣りができそうな場所の波止に陣取り,ゴカイを付けて投げて待つ.お子様なので集中力がイマイチだが,それでも,ガヤなど小さい魚が釣れるだけでも嬉しいようである.少し遠くに投げてやりしばらくすると,やや大きなアタリ!これは何かなと思いきや,氷下魚がダブルヒット,おお,ビギナーズラックか?っと結構なペースで氷下魚を釣り上げていく,途中で小さいながら鰈もゲットして,気が付けば,1時間程で氷下魚7匹,鰈1匹である.途中,カラフトマスが跳ねていたので,ルアーで狙おうかと仕掛けを投じていたのだが,氷下魚の釣果に周りから人が集まってくるではないか.氷下魚を処理している間に,俺の釣り座が,なくなってしまうのであった.まあ,鱒は鱈腹釣ったので,この辺にしておこうと,帰宅し,氷下魚は物置に2日間干して美味しくいただくのであった.
小樽ラーメン問屋船上のジンギスカン
3日目も常呂港にシッポリと釣り糸を垂らすのであるが,何せ寒い,最高気温13℃と大阪の真夏とは20℃以上の温度差を痛感するのであった.これで釣果が伴えば良いのだが,ポキッっという音と共に心が折れ,釣果なしで帰宅するのであった.今回は雨が多く,気温も低い夏休みであったが,釣果としては,満足のいくものであった.また,来年と思いながら無事に大阪に到着するのであった.また,様子を見ながら,次回は和歌山方面にしてみようかな~


http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=330 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::北海道 | by くちマウス |
2015北海道で爆釣です
2015爆釣です ホント,今頃かと思うかもしれないが,なかなかHPアップのモチベーションが上がってこなかったのが,言い訳であるが,単にサボリ癖がついてしまったのと,タイムリーにアップすると,やはりゴミが散乱してしまうのが,とても悲しくなり,最近はHPアップもどうかなと自問自答する日々が続いていた.とりあえず,昨年の北海道での釣果になるが,ホント爆釣で,かみさんに「食べる分だけ釣って来いと」怒られまくられました.私的には,これぐらいは食べられると思ってるんだけどね~美味しいし,っということで,社長の船にお邪魔して,走ること1時間,カラフトマスを狙って熊も見える例のポイントに連れて行ってもらうのであった.食紅で真っ赤に染めたイカが功を奏したのか,投じるウキがすぐに沈んでいく.魚が泳いでいる姿も見えるので,そこに目掛けて投じれば確実に食ってくる.カラフトマスは口が柔らかいので,餌木用のロッドでドラグも緩め,ライト仕掛けが良かったみたい.でも,社長の師匠越えはやっぱりヤバいと思いつつも,ついつい釣ってしまう.社長は操舵作業が大変なので,実は釣りには集中できない状態っというか,遠くから来てるんだし,私に釣らせてあげようという気使いが嬉しい.結局,空気を読めない私は,釣りに専念し,カラフトマス16匹とソイ,ホッケ,柳子の舞を沢山釣って帰宅となるのであった.後日,社長の家に行くと,昔懐かしい大森製作所のダイアモンドリールやABUのカーディナル155?太鼓リールなど珍しいお宝がザクザク出てくるではないか!フライも自作で売り物にできるぐらいの出来栄えで,通販で売ればいいのになーって思いつつも,作って自分で釣るのが好きなんだな~って,思うのであった.GWになればヒメマスシーズンとなるので,5月においでと言われ,後ろ髪を引かれながら,北海道を後にするのであった.ホント,感謝の帰省となるのであった.

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=291 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::北海道 | by くちマウス |
北海道2013
今年の止別今年の収穫
 ここのところ,パッとした釣果もなく悶々とした日々を過ごしてきたが,それもこの帰省で一気に吹き飛ばすぞーっということで,やって参りました北海道!例年のごとく,妻の実家にも拘らず,やりたい放題?厚岸の道の駅で牡蠣や北寄,ホタテの海鮮バーベキューに引き続いて,羅臼の「まるみ旅館」では,タラバに毛カニ,エビ,船盛に私の好きな鮭のメフンと朝夕食ともに正に食い放題,引き続いて「知床第一ホテル」でも,肉に魚に食い放題とお腹が苦しいという贅沢な時間を家族ともに過ごすのであった.っと言って,実は台風18号の影響で雨が続いていたため,とりあえず食うしかないという状況.羅臼で餌のサンマを購入するも,遡上を狙う鮭釣りに挑むことはできない.雨脚も強くなり,2日連続してお預け状態である.この荒天の中,猛者達は果敢に攻めているが,話を聞くと当たりすらないようだ.ここは諦め,また,充電っということで,天候の回復を待つこととした.3日目にして,やっと台風一過なのだが,海は濁り,完全水潮...止別でも,まっ茶に染まった河口に釣糸を垂れる人だかりに釣上るのはスレばかりで,バイトはなさそうだ.まあ,自然なんてこんなもんだろうということで,4日目に例の場所へと向かうのであった.義弟の仲間たちと日も明けぬ時間に現地に着くと,もう人でいっぱい...なんとか狭い場所に入れさせてもらい,ゆっくりとサンマを引いていく.私は餌木様の細い竿,ライトタックルで攻めているが,正直心細い.そんな中,隣のおばさんがヒット!1本釣り上げたではないか,すかさず,周りの人達の浮きが刺さっていくも,どうやら単発らしい.夜も明けて7時30分までのデッドラインでて返していくと,小さな当たり,ライトタックルが功を奏してか,何とかヒット!引き寄せるまでに苦労したが,メンタを1本ゲットすることができた.そのあともホント小さい当たりに何とか合わせることができ,カラフト?サクラ?釣り上げたときはニジマス?みたいに綺麗な模様のメンタマスをゲットすることができた.短時間でメンタ2本であれば上出来だろうか?帰ってからは家族の前で解体ショー,卵は叔父さん直伝のイクラの醤油漬けにし,身は塩焼きにして,ホント美味しく頂くのであった(マスは美味しいが,鮭は身がもう白かった...).5日目も釣行しようかと迷ったが,ここは食べる分だけと思い,来年に期待するのであった.っということで,昨年のリベンジを果たすのであったが,実は8年間お世話になった師匠である叔父さんが肺癌で他界してしまい,指導してくれる人がいなくなってしまった.失って気付く当たり前の有難さ,遊びとはいえ今年からは知らない地で自分が先頭に立たなくてはならない.年を取るってこういうことなんだな~っとしみじみ感じるのであった.

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=275 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::北海道 | by くちマウス |
暑いぜ北海道!
知床です今年の止別
 最近全然釣りに行けてないな~和歌山のオイヤンからも誘いはあるのに,色々と諸事情があり,タイミングが悪い.しかし,今年もやって来ました北海道,秋と言えばサケの遡上!そう私も遡上と言うことで北へと足を運ぶのであった.もちろん,狙いはサケ!今年はショアからのアプローチとなったのだが,なにせ,北海道も暑い!昼間は30℃近くまで気温も上がり,当然,水温も高い状態である.マスの遡上さえ遅れているため,ヒグマが痩せ細って羅臼側に出没しているらしい.当然のことながら時期尚早っと言う感じでサケの遡上は遅れているらしい.10月も中ごろになれば本格的に沿岸で釣れ出すのだろうが,今年はサイズも小さめらしい.っということで,たっぷりと言い訳をするとなれば,予想通り玉砕である.知床,日の出,止別,常呂と場所を変え試すも,掛かったのは30cmぐらいのウグイ1匹のみである.それでも○ウズでなかっただけに良かったと思うしかない.あれ?ホントはきちんとした帰省ですよ!まあ,一族揃ってホテルで食い放題,寿司も食べまくって,帰宅すればマアジャンっと豪遊三昧で,体重もMaxで5キロ増っと幸せな日々を過ごすことができた.大阪に戻ってからは,また,忙しい毎日になるのだが,オイヤンからも秘境への誘いの手紙が届いており,これは早速出かけるしかないということで,次回に向けて準備を開始するのであった.

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=253 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::北海道 | by くちマウス |
  前の記事>>  ▲TOP▲
NEWS
PROFILE
total todayTODAY_COUNT
「いただきもの」欲しい方ClickHere

LINK
RANKING
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 釣りブログへ
CONTACT ME
MOBILE
携帯QRコード