なにがなんでもくちマウス::釣果::煙樹ヶ浜
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<< 2020年02月 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
  前の記事>>
久しぶりの調査
煙樹の夕日 ここのところ色々あり,なかなか釣行とはいかないものの久し振りに何か調査ということも大事だということで,手ぶらでブラブラ~っと御坊方面へと足を運ぶのであった.日高港では,砂利運搬船で込み合っているようだが,強風の中,猛者達が小アジをサビいているではないか!釣れているのかなと思いきや,ポツポツという程度のようだ.それでも,一日中やっていればクーラー一杯には釣れるのではないだろうか?地合いさえ合えば爆釣間違いなしの状況だろう.そして河口の方では強風のせいなのかウインドサーフィンを楽しむ人達もいて,北風をもろに受けるこの場所は少しディフェンシブな状況だろう.川の反対側では風裏ということもあり,ここも何組かはいたのであるが,あまり釣れていない様子である.そして本命の煙樹が浜である.ここも一定の間隔で飛ばしカゴで賑わっているようだが,竿がしなる瞬間を見届けることはできなかった.鳥が飛んでいて,その下にはナブラも沸いているのだが,200 mぐらい先だろうか?相当な遠投でなければっというか不可能な距離でやきもきするだろう.正体は何なのか気になるところだが,ハマチ?サゴシ?っという期待も他所にきっとソウダガツオであろう.まだ年を越していないのでヒラソウダが混じっているに違いないが,残念ながらその正体も見届けることはできなかった.結局自分の腕で確かめるしかないんだろうっということで,竿も直ってからというもの全然デビューしていないし,年内に1度は行ってみたいな~っと思いながら,帰宅するのであった.

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=356 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::煙樹ヶ浜 | by くちマウス |
結局,玉砕!
今日も良い天気,煙樹煙樹,地曳網もまあ,こんな感じ
 晴れて自由の身となったこの週末,どこに行って何を狙おうか迷うところだが,今日も早々に会社を切り上げて,南の海へと繰り出すのである.オール下道でトボトボと車を走らせ,着いてみれば,夜10時には御坊に到着となるのであった.日の出までまだ時間もあるし,ここはしっかり睡眠を取ることとした.朝5時に起床し,支度をした後に,僅かな情報を頼りにハマチ狙いで煙樹ヶ浜に到着するも,本の脇で5,6人ぐらいが手返しているが,キャンプ場前は誰もいない.迷った挙句,今日もシステムを色々と試したかったので,○ウズ覚悟で,キャンプ場前を選択することにした.追い風を味方に今日も2色ちょっとと気分の良い出だしだが,実はカゴ錘を6号から12号,10号と色々と変えてみると,6号で振り切るよりも,12号で7歩ぐらいの力で投げた方が横風にも強く,最も安定した飛距離が出ることが分かってきた.ウキも遠投ウキではなく,マルニシの24円ウキでも充分な飛距離である.欠点と言えば,羽が付いていないので3色も出るとウキを見失ってしまうところだろか.そんな,飛んでいるウキばかりに見とれていてはいけない.小魚のボイルはあちらこちらに見えるものの,肝心の捕食魚の気配はなく,地曳網もあまり芳しくない収穫のようだ.今日はお気に入りの眺めで楽しい時間を過ごしているのだから,仕方がないと自分に言い聞かせるが,ウキが無反応はちと寂しい.そんな時,ウキが不自然な動き,しゃくるが,なんとも微妙,回収すると,10cmにも満たないガシラが喰らい付いているではないか!なんとこれが,今年の初釣果!実はウキ止めが外れてしまい棚ボケし,刺餌が底を突き,掛かってきたのであろう.こんなマッタリとした時間が過ぎたのだが,散歩に来ていたオイヤン2人から釣果以上の色々な情報をゲットすることができ,今日は,まあ,こんなところで許してあげよう(完全痩せ我慢)っと言うことですっかり日焼けし,帰りにカワのパンとよってって市場でポンカン,デコポンを購入し,渋滞も満喫しつつ無事に帰宅するのであった.次回はオイヤン情報もとに,爆釣しますよー!...多分...

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=200 
comments (9) | trackback (0) | 釣果::煙樹ヶ浜 | by くちマウス |
煙樹で初釣り2010
釣果がないので,ウニ,牡蠣,カニを寿司にしてみましたー2009年の釣納めは煙樹でと思っていたのだが,なんと急な高熱で敢無くダウンしてしまい,○ウズで締めくくるといった悶々とした状態で越年してしまった.初詣のおみくじは,2年連続同じ番号,そして,凶っということで,もしかして同じ番号しか入っていない?来年は神社を変えようかな~っと思う今日この頃であるが,そこは自分勝手な妄想にふけ,釣行前は爆釣をイメージするのであった.天候はバッチリ,これといった好条件もこの冬では少ないだろうということで,初釣りはハイリスク,ローリターンの煙樹に決定した.日の出前に到着するも釣り人が少なく,まさに投げ放題である.日の出とともに早速,遠投すると弱い北風に乗り70mオーバーと気分の良い出だしである.波も殆どなく,水温が低いものの,手返し良く打ち込めば魚が寄ってくるはず!っと思いながら遠投を繰り返すが,一向に当たりがない.ソーダらしき気配を水面に感じるが,私の仕掛けには乗ってこない.それでも,根気よく手返すのであったが,予報通りに午後から南風に変わり低気圧が接近する予兆が現れ始めた.引き潮であったため,続行も考えたのであったが,なんとなく日が悪いような気がして,結局,ハイリスク,ノーリターンっというか当りも一度もない煙樹となってしまった.実は,さらに駐車場でバンパーを擦ってしまい,どうやら,おみくじの凶が見事に的中したようだ.それでも無事に帰宅できただけでもありがたいのであろうか?次回はサビキ釣りに戻ろうかなーっと弱気な年初めなのであった...(釣果がないので,釧路の親戚から頂いた,牡蠣をポン酢で,ウニを下手な軍艦巻きにして頂きました,めちゃめちゃうまいです!気になる方はこちら

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=148 
comments (5) | trackback (0) | 釣果::煙樹ヶ浜 | by くちマウス |
煙樹で遠投のち撃沈
忘年会シーズンとなり,何かと土曜日に釣行し難い12月であるが,前回のハマチの記憶が冷めやらぬ中,先週は寒波が押し寄せて海水温は随分下がってしまったのだろうか気になり,今日もまたまたまた,煙樹にやってきてしまった.現地に到着後,冷凍アミエビを解凍するため最初にするのが海水汲みなのだが,やはり水温はかなり下がってしまったようだ.それでも,2年前の2月までソーダの釣れた水温に比較したら,5℃は高いと思う.朝7時の日の出とともに仕掛けを投じるも当然のごとく無反応.昨日まで出ていたシラス船も今日は休業と嫌な予感が頭を過る.それでも,凪に加えて北風と遠投には好条件であり,コンスタントに心地良く70 m付近に仕掛けを投じることができた.ところが,粘り強く手返しても一向に当たりがない.棚も色々変えるが,餌もそのまま帰還する状態で,まさに生体反応なしの煙樹である.本の脇では人がズラッと並んでいるものの,曲がった竿を見ることはできなかった.満潮近くなると,予報とは裏腹に波が高くなり,さらに南西の風で遠投もできず,悪条件に加え,相変わらず当たりがない.お昼過ぎて,釣り人の往来があるものの,結局,私も含め,魚を釣り上げた人を確認することはできずにボウ○で終わった一日であり,収穫も特にないまま帰宅となってしまった.今回の仕掛けはハマチ用に4号ハリス(3号にしておけば良かったかなーでも前回,切られたし...)に,土佐カブラを2本,チヌ針1本で最初臨んだのであったが,やはり3本針では,仕掛けが絡む回数が圧倒的に多く,私の投げ方,システムでは2本針がベストのようだ.これで今年の釣り納めでは悲しいので,次回は煙樹でリベンジ+釣納めという,ハイリスク,ローリターンか?堅実に万トン,日高港でアジサビキでもしようかと思う今日この頃であった.っということで,写真なしです...

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=147 
comments (10) | trackback (0) | 釣果::煙樹ヶ浜 | by くちマウス |
煙樹でハマチ!
ハマチちゃんとソーダ達ハマチのお刺身,半分だけです
 あいにく金曜日の夕方までは雨であったが,先週のリベンジを図るべく,今日もまた,煙樹ヶ浜にやってきてしまうのであった.現地に着くと,潮の色は若干,緑色をしていて,どうやら雨の影響もなさそうだ.水温はだいぶ低くなってきたが,12月のこの時期にしては,まだ,高いのだろう.早速,仕掛けを投じると,ウキが消しこんだのであったが,せっかくの貴重な当たりをバラシてしまい幸先の悪いスターとなった.今日もシラス漁は2回出船しており,特に沿岸に網を仕掛けていたのだが,オバサンの話では,雨上がりはシラスが岸に寄るので,網を遠くに置かなくても良いとのことであった.これはいい話を聞いたと思い,50m付近に投げ込んでみると,また,当たりがあったのだが2回目のバラシ...そして,3回連続のバラシの後にやっとソーダを1匹ゲットすることができた.PEラインであるためか,竿捌きの下手さがダイレクトに魚に伝わってしまうみたいだ.その後もバラシを連続させ,なんとかソーダを2匹釣りあげて夕飯分をゲットしたところで,遠投の練習をしてみることにした.今日は,朝のうちは,北西,南西と風向きが何度も変わったのだが,11時も過ぎたころから北西の風が一定して吹くようになり,なんとか風に乗せて70mぐらいをコンスタントに飛ばすことができた.離岸流に乗せて80mぐらい出したところで,ガツンと強烈な当たり!しかも,全然,寄ってこない.大きいボラでもかかったのかな?っと思ったのだが,良く走り,ドラグを調節しながらのやり取りとなった.バレないでくれと思いながら,岸に上げてみると,なんとハマチ(家に帰ってから測定したら45センチありました)ではないか!これは嬉しい収穫である!早く帰ってお刺身で食べたかったので,今日は13時で納竿し,早々の帰宅となった.ハマチは脂も乗っており,とても美味しく,ソーダとハマチの刺身を交互に口に入れながら,2度おいしい至福の時間を堪能するのであった.結果的に良い釣果であったのだが,実は7,8回バラシており,うち2回はハマチで3号仕掛けが2回とも飛んでしまった(スピンジョイのドラグ調節が急に緩むので難しい...1回はフグか小さいボラ?,あとはソーダ).本来だったら爆釣だったはずなのだが,クッションゴムなどを入れるなどして,対策を練らなくてはならない.まあ,腕を磨けば良いのであるが...課題もできたことで,またまた,次回に続くのであった.

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=146 
comments (10) | trackback (0) | 釣果::煙樹ヶ浜 | by くちマウス |
  前の記事>>  ▲TOP▲
NEWS
PROFILE
total todayTODAY_COUNT
「いただきもの」欲しい方ClickHere

LINK
RANKING
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 釣りブログへ
CONTACT ME
MOBILE
携帯QRコード