なにがなんでもくちマウス::釣果
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<< 2019年06月 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
  前の記事>>
中途半端やな~
 巷は秋の3連休ともなれば,アジ南蛮も食べたくなるということで先週の小アジの釣果では,おかずもちょっと寂しいっということで,趣旨を変えてやって来ました淡路島!ほぼ1年振りとなるこの場所も,道中,キティーちゃんのレストランが開店したようでカップルで一杯の店内を他所目に現地に到着するとオイヤンが堤防にポツンと一人の状態...うーんこれはあまりよくない様子である.話を聞いてみると大潮なのに水が澄み過ぎていて海遊が小さいらしい.オイヤンと話をしながらの釣りであるが流石オイヤン,小アジにイワシに短時間のうちに次々とクーラーの半分を満たす状態に,一方,私は言えば5匹も釣っていないだろうか,完敗の状態である.それでも釣れるだけまだ良いかと思い,日没を迎え,街灯に下に陣取ることにしたのだが,暗くなっても電気が点かない...あれ?そういえば台風の後にチェックしてなかったな~なんて思うのも手遅れです.真っ暗の中アジが寄ってくるもなく,これでは,場所移動も必至の状況である.そんな中,前回,手に入れたアイテムを使ってみることにした.そう,集魚灯である.青く光る怪しい光が魚を集めてくれるというのだが,まあ,確かにポツポツと小アジは釣れてくる.真夜中なのに背後に気配を感じると,そう,いつものノラちゃん達が後ろでお零れを待ち受けているのであった.釣った魚は与える訳にはいかないということで,コーナンで買ってきたデカい猫缶を開けると,案の定,2匹目も登場する始末!かえって,ノラを呼び寄せていないかという疑問もさて置き,2缶目も開封することになるのであった.年々人懐っこさが薄れていくノラだがこれが生きる秘訣なのだから仕方がない.一番懐いてきたのは,どう見てもメイクーンの捨て猫...小さい内に捨てられたのか,大きくなってから意地悪されたのか,かなり警戒心は強いものの,寄ってくるところを見るとどうやら飼われていた模様である.毛が長いのでノラらしくなく,毛にゴミも付いて尻尾は剥げてしまっているが,お風呂に入れたら綺麗な猫に変身するだろう?おにぎりなど少しずつ与えては釣りを手返すのだが,こういう時は釣れない暇潰しにしかならない.まあ,忘れた頃に当たりもあるが,適当に釣って帰りたくなってきた.年と時代と捨て猫に何となく虚しさを感じたところで,渋々と納竿するのであった.終わってみれば,小アジ30匹,セイゴ3匹,ガシラ1匹(もう1匹はノラにご褒美),イワシ10匹と,何とも中途半端な結果となってしまった.っということで,次回は集魚灯をパワーアップさせて10Wで挑みたいのだが,何せ場所がどこも悪い.まだ,和歌山港の太刀魚の方が良いかもしれないが,加太も気になるので,どこにしようか迷うところである.そう言えば煙樹ヶ浜も暫く行ってないな~ソーダカツオでも食べようかな~何て思うのであった.

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=342 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::淡路島 | by くちマウス |
爆釣なのかな?
茹蛸ちゃんチャリコの塩焼き
太刀魚のお刺身 週末はオイル交換やお歳暮送りと何かと忙しいのだが,そんな合間を縫って?今週もやって来ました和歌山港!今日は明るい内から色々と試したかったので,現地に到着したのはお昼の12時.何人か釣り人はいるが釣れている様子は全くない.まあ,日も高いことだしのんびりとマッタリとした時間を過ごすのも悪くないだろうと言うことで,先週のデカアジを期待して,先ずはサビキ釣りから開始とするのであった.仕掛けを投じて1時間ぐらいするとコマセが効いてきたのだろうか,ポツポツと何かが突いている.刺餌を付けてみると次々とヒット,小さいながら所謂チャリコ+ヘダイの子供が掛かってくる.型の良いものをお持ち帰り用に何匹かゲットしながら良い暇潰しになるのだが,アレ?っと思った瞬間ドラグが滑り糸が出ていく,ああ~この大雑把な引き味と来ればそうボラちゃんである.片手で竿を操りながら,タモをセットし何とか仕掛けを飛ばさずにゲットすることができた.遠くからバイクで駆け寄ってきたオイヤンから色々と聞かれたが,ボラと解ると直ぐにその場を立ち去ってしまった.その後も本命のアジはポツポツと忘れた頃に掛かる程度で,殆どはボラの当たりである.そんな中,シモリがないこの場所なのに根掛りが数回,これは奴に違いない.何回か取り逃がすも1.5号ハリスを気遣いながら,10分は格闘しただろうか,揚がってきたのは良型のタコであった.これは嬉しいお持ち帰りとなった.その後もボラを2匹釣り上げるも,こういうのを堪能したいんじゃないんだけどな~っと無駄な時間だけが過ぎていく.引き味ややり取りは面白いので,贅沢は言っていられないが掛かる度に仕掛けが痛んでいく.夜に突入しても肝心のアジは単発で地合いモードにならず,ボラにハリスを3回も切られる始末.今日は南蛮漬けが食べたかったんだけどな~なんて思いながら日没を迎えるのであった.暗くなれば太刀魚モードに変更し,キビナゴを投じるも反応は極めて薄い.もちろん周りも人は疎らで,先月の22匹が嘘のような状態である.それでも貴重な当たりを逃さずに何とかゲットし,翌日は朝から用事があったので夜の1時に納竿とするのであった.終わってみれば,小アジ16匹,ヘダイ3匹,チャリコ2匹,太刀魚3匹,タコ1匹をお持ち帰りにし,ボラ3匹をリリースと爆釣といえば爆釣なのだが,やはり小アジが食べたかったよーっということで来週は淡路方面にでも出かけようかな~ヘダイ,チャリコは塩焼き,タコは塩揉みしてから足1本を蛸山葵,あとは塩と酒で茹蛸にして太刀魚と共にお刺身で頂くのであった

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=341 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::和歌山市近郊 | by くちマウス |
正体判明
でかアジは1匹のみ 秋も深まり夜長を楽しむとなれば夜釣りであるが,確かに夜は長くなったよね~まあ,夜釣りってなんかいいんですよね~一人になれるし~~~って全然,一人じゃないんだけど~っと前置きはさておき,今日は先週の仕掛けを飛ばした正体を明かすべく和歌山港へと出向くのであった.寒冷前線が通り過ぎた直後なので大丈夫かと思いきや現地に着くと,かなりの北風.ここは場所を変更しようか迷ったが,いつもの位置に陣取り,セットアップ完了!っと余所見をしていると竿がえらいことになっている!これはボラかな?っと思いきや細かい走る引き,丁寧に寄せてみると,30センチオーバーのアジをゲット!先週まで0.6号のハリスを一気にぶち切った正体が判明した.その後もヘダイ,コショウダイなど,ハリスをちぎった奴らを次々とゲットし,まあ,お持ち帰りは十分ということで,ここからは風裏に回り,夜に備えて太刀魚にシフトするのであった.こんなに広い場所なのに決まって来るのは私の隣...うーん,しっぽり釣りたいんだけどな~っと思いつつも,隣に来たオイヤンの話を小1時間聞くことになるのであった.まあ,こんな会話の中にもきっと,重要な情報があるに違いない!っと,聞いているも,娘さんの身の上話...子供だし可愛いよね~俺も年を取ったらこうなるんだろうな~釣りに集中したいんですけど~まあ,当たりないし良いか~そんなこんなで,隣に来るなオーラも虚しく,次から次へと話しかけられる始末...「釣れていますか~?」あなたで4人目だけど...とは言えないので,素直に答えるも,うーん,なんか俺,心が荒んでいるかも?と思いつつも潮止まりに来て,潮動く前に帰る人を他所眼に何とか4本をゲットするのであった!でも見渡すと,大阪,奈良からの人はゴミを持って帰らないし,煙草スパスパ,全くもって,ちゃんとしようよ~ってな感じです.地元からは俺もそうみられていると思うけど,自分のゴミぐらい持って帰れよ~オイヤン達に車のナンバーチェックされているの解らないのかな~って,思う今日この頃でした.釣果は,35㎝アジ1匹,小アジ13匹,ヘダイ2匹,コショウダイ1匹⇒リリース,太刀魚4匹(3本3匹,2本1匹)っということで,お隣さんにおすそ分けということにするのであった.もちろん綺麗?に捌いてね.っということで今回は,ちょっと愚痴っぽくなってしまいました~あまりにゴミが目に余るのでスミマセン...閉鎖にならないことを祈るばかりです.

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=340 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::和歌山市近郊 | by くちマウス |
太刀魚渋す
太刀魚2匹分のお刺身 太刀魚も数が毎週のように減ってきており,ここは趣旨を変えて今年流行った2刀流!アジと太刀魚の2兎を追ってみるのであった.とは言えども,主軸は太刀魚,アジはどうか解らないので,1ブロックのみを近所で購入し,小アジだろうと思い,ハリスは0.6号の極細のみを準備し,完全に舐めきった体制で臨むのであったが,これが完全に裏目に出てしまった.明るいうちから手返すも,サビキでの当たりが全くない状態が続く.餌も撒いていればいれば,そのうち寄ってくるだろうと思いつつも無反応は心寂しい.ボーっとしていると何と,大きな揺れが...そう地震である.これは津波が来るのかな?っとタブレット片手に気象庁のHPと睨めっこ,津波の気配がないということで一安心だが,こういう時,太刀魚は全くと言っていい程,釣れないのが常である.こういう予感はかなりの高確率で当たってしまい,日没を迎えて太刀魚の地合いの時間帯に突入したのだが,ここでもほぼ無反応.時折,当たりもあるが針掛かりが悪く,きっと小さいやつに違いない.苦戦もしつつ何とか2本をゲットするも,小潮周りということもあり,凪の状態が続く.潮が動き始めたときにサビキに来ました待望の当たり!これが結構大きい当たりで,魚は走るし,ドラグが滑る.中アジクラスが掛かるも十分に弱らせたつもりがハリスが切れる始末.3回も仕掛けが飛んでしまい,もう少し太い仕掛けを準備してくれば良かったと後悔するも後の祭り.ここは諦めて小アジを中心に手返すことにした.まあ,食べる分だけと思い50匹ぐらいは釣れただろうか,1週間分の煮付けには十分なおかず量となったところで,人も増えてきたので納竿することにした.太刀魚も数がめっきりと減っている一方で一向に型は大きくならない.こんな年もあるよねということで,先月爆釣したことをすっかりと忘れているのであった.次回はアジのお刺身も食べたくなってきたので,少し大きいのを狙ってみようかな~っと欲張ってみるのであった.

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=339 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::和歌山市近郊 | by くちマウス |
何とかリベンジ
今日も太刀魚のお刺身 秋も深まり夏から一気に冬へと遷移し,服装もしっかり着こまないと夜は過ごせぬ陽気となったが,やっぱり,今日もこの場所に来てしまうのであった.竿も直ったことだし,今回も色々と新たなウエポンを準備してみた.コーナンで色々と物色していると釣りに流用できそうな品々が目に入る.お試しで作った竿受けが,かなり便利でこれは釣果に繋がると思うのだが,現実はそうもいかない.折角の夕マズメの地合いも釣れるのは隣ばかりで,一向に当たりがない.それでも,ゆったりと電気ウキを眺めているだけで,ささくれだった日常を忘れられるから,まあ,良しとしよう.そんなことを思いながら,ふとウキを確認すると,見当たらない...最近,電気ウキの接触が悪いのでコンタクトスプレーはしているものの,なんかおかしい,っというか,かかっているんじゃね?っということで適当に合わせてみるとずっしりと重い感触.ああやっぱりかかってたんですね~っと言うことで小さいながらも何とか1本をゲット!その後もダラダラとした時間を過ごしつつ,忘れたころに当たりがあるというパターン.折角の大潮周りの絶好のコンディションにも拘らず,イマイチ波に乗れない状態が続く.体力も歳と共に衰えていくのか,0時を回ったところで,止めちゃおうかな~っと言うことで納竿っとなった.終わってみれば7本でそのうち2本はなかなかのサイズ.4本をお刺身にして今週も食卓はお刺身の毎日ということになるのであった.

http://www.kuchimouth.x0.com/index.php?e=338 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::和歌山市近郊 | by くちマウス |
  前の記事>>  ▲TOP▲
NEWS
PROFILE
total todayTODAY_COUNT
「いただきもの」欲しい方ClickHere

LINK
RANKING
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 釣りブログへ
CONTACT ME
MOBILE
携帯QRコード