なにがなんでもくちマウス
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<< 2017年03月 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
  前の記事>>
課題の残るサビキ釣り
巷は3連休ともあり,これで天候もよければ先週の釣果に妄想が加わり,気分は爆釣りモード.っということで,今回も和歌山港にやってきた.連休なので人混みを覚悟していたのだが,釣り場は閑散としている.今日は昼からマッタリとした時間を楽しもうと現地に到着すると,既にイワシが連れている模様.私のところには回遊してこないのであるが,そのうち来るだろうと淡い期待をするも,まったくの無反応である.場所って大事だよね~なんて思いつつ,何とか夕マズメの地合いに手を掛けることができ,丸々と太ったイワシ5匹をゲットした.しかし,そのあとが全く続かない.時折掛かるアジに何とか集中力を保つも,夜は2℃とこの時期にしては気温が低く,3月の春は昼間だけだろうか,とてもやっていられない状況である.これで当たりでもあれば嬉しいのだが,竿先は何やら不穏な動きをしている.まあ,正体は大体解っているのだが,まず,針に掛かることもないだろうと甘く見ていると,強烈な当たりに即座に反応し,ドラグが滑る.ああ,やっちまったよ~きっと奴だと思いつつ格闘すること10分ぐらい?サビキにしては太ハリスの1.5号にしておいて良かったっと思いながら,引きを十分に堪能して,上ってきたのは,綺麗なボラちゃんである.50センチぐらいだったので,持って帰ろうか迷ったが取敢えずリリースしてしまった.あとで思えば,冬のボラって,ちょっと臭いけど意外とお刺身も美味しいんだよね~っということで,終わってみれば,イワシ5匹,アジ5匹と,まあ,〇ウズでなかっただけ良しとしよう.この時期は水温も低く,潮に関係なく地合いも読みにくい.この辺りが腕の見せ所なのだろうが,地元のオイヤンでさえも,っというかわかっていたら漁師丸儲けやっと言ってるぐらいだし,自然相手って難しいんだろうね~っということで,今日も無事に家に辿り着き,次回はホントどこに行こうかな~っと,思いつつ,豆アジ回遊の6月までは厳しい攻防が続くと思うのであった.

http://www.kuchimouth.x0.com/fish/index.php?e=309 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::和歌山市近郊 | by くちマウス |
寒中サビキ
2017年のアジ,イワシアジ,イワシの煮つけ
 先週は淡路島で見事に玉砕したものの,嬉しいお持ち帰りとなり,珍味を堪能したのであるが,何せ釣果と胸を張って言えないところが痛い.っということで,少しでも南に行けば魚の活性も高いだろうと都合の良い妄想とともに和歌山港へと向かうのであった.前回と同様に簡単なタックルでサビキ釣りである.21時に現地に到着するとベストポジションに人がいるではないか!うーん残念っということで,広い釣り場の中,少し離れて隣に釣り座を構えることにした.サビキは最初の集魚が肝心ということで,アミエビをタップリカゴに詰めて,手返していると,3頭目ぐらいでアジをゲット!15センチぐらいで,お刺身には小さいが煮付けや南蛮漬けにはちょっと大きい中途半端なサイズである.それでも釣れただけ良しとしよう.1時間程経って,2匹をゲットしたところで,お隣さんが痺れを切らせたのか?納竿帰宅となってしまったので,さっそく移動して,マッタリとした時間を堪能するのであった.干潮潮止まりまでに何とか5匹をゲットするも釣果としては寂しい状況.贅沢は言っていられないのだが,ここは貪欲に攻めたい.そうこうしていると何やら水中で光る物体が走っている.もしやと思って誘いをかけると,丸々としたマイワシがかかってくるではないか!これは地合いだとばかりに,短時間での攻防を制し,15匹ぐらい釣っただろう.あとは朝マズメまで,厳しいんだろうな~なんて思っていると,アジがポツポツと飽きない程度にかかってくる.夜も明け始めて朝マズメに気合十分であったがここは空振りで,結局,終わってみればアジ15匹,イワシ15匹で何とか体裁を保ったといったところだろうか?自作サビキのおかげか,単に場所が良かったのか,周りは,〇ウズがほとんどなので,この時期にしては花丸だろう.アジとイワシは圧力鍋で炊いて今日も美味しく頂くのであった.次回もまた行っちゃおうかな~でも3連休で人が多いんだろうな~?

http://www.kuchimouth.x0.com/fish/index.php?e=308 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::和歌山市近郊 | by くちマウス |
まずまずの釣果?
ナマコの酢漬け 南国から帰国してからというもの,日本の冬さ厳しいね~と思う日々が続いており,最近は歳を取ったのかな?いや,巷では,これがどうやら普通の感覚らしいのだが,遅寝して11時前に起床しカーテンを開くと,眼下に広がる凪ナギの水面,これはリサーチすべきではないかということで,サビキでアジでもと淡路島へと妻と一緒に向かうのであった.っというのも私の焦る心とは裏腹に,道中(全然,道中でもないんだけど~)に神戸があるということで洋菓子店に寄りたいがために付いてくるというではないか!う~ん,微妙な気分,しかも淡路で温泉付きと妻は完全にプチ旅行気分.ああ,早く釣り場に着きたいな~なんて思いながらも,この時期だし,釣果は期待できないから,ゆっくりでもいいんだけどね.そんな寄り道を乗り越えつつ現地に15時過ぎに到着すると,釣り人2人,生体オーラはほぼ0状態,それでも仕掛けを投じてみるのだが,こういう時の予想は,ほぼ100%で的中する.飛ばしサビキで粘るもやっぱり釣れないよね~っということで,用意していたのが,マナティーのヘッド.丁度,干潮ということもあり,水底を探索しては引っ掛けてを繰り返し,お持ち帰りは,赤2本,黒1本のナマコであった.肝心のサビキは〇ウズであったが,まあ,狙い通りの釣果となった.帰りには松帆の湯で温泉に浸かり,海鮮丼でお腹を満たし,今日も無事に家に到着するのであった.洗って,捌いて,塩揉みしてとナマコの処理は少し面倒であったが,酢4,醤油2,出汁醤油2,砂糖大匙1で味付けし,今日も美味しく頂くのであった.

http://www.kuchimouth.x0.com/fish/index.php?e=307 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::淡路島 | by くちマウス |
南国での初釣り
今年の初釣果メスクラドスのメニュー
チーズバーガーマガ・ラヒバーガー
ホテルニッコーからのナイスビュー 昨年末は,雨の中の太刀魚狙いで○ウズで締めくくることになったのだが,今年の初釣りは,やはり釣果にこだわりたい.どこにしようかと思案していたのだが,年明け早々に暖かい海へと出かけることになり,まあ,リゾート地で遊びがてらやってみようかと参加したのがグアムのココス島でのボート釣りである.ボートと言っても,岸から100 mほど離れたサンゴ礁の中で,熱帯魚を適当に釣って完全遊びの釣りである.渡されたタックルも竿はダイワだが,穂先は全部折れているし,リールはラインが数mしか巻いていないし,ラインは太く(6号ぐらい)繋ぎ目が3カ所,しかも適当に結んである.妻のリールなんて,約2 mしか巻いていないし,これって,竿先に糸を直接結んだら良いんじゃね?もちろん針は錆だらけで,これで魚掛かるのかな?っと言う状態である.餌は柔らかいソーセージを適当に切ったもので,エサ取りの攻撃に遭えば速攻で取られてしまうだろうし,正に,これで釣れれば奇跡である.何もかもがトロピカルスケールでもう笑うしかないのだが,仕掛けを投じれば,これでも魚が餌に群がるのが目で見える.まあ,遊びだし,適当にやっていると早速当たりがあり,何だろう?モンガラハギかな?綺麗な熱帯魚が上がってくる.スタッフに聞くと,やはりリリースとのこと.まあ,釣って食べるところもなさそうだし~っというか,食べないなら,なんかちょっと可愛そうかな?それでも,スズメダイのエサ取り攻撃を交わし乍らのやり取りは,以外と面白い.40分間で妻は1匹だったが,私は5匹とまずまずなのだろうか?スタッフが少し驚いている.早々に初釣りを切り上げシュノーケリングで海中を探索すると,何と釣り場に魚がいないっというか,漁礁がない.これなら,根掛はないけど,なかなか釣れないよね~初釣りを楽しめたからいいか~っと言うことで,ココス島をあとにするのであった.釣り以外では,スキューバで念願のブルーホール,沈没船,ガンビーチに潜るのであったが,妻にレギュレータを蹴飛ばされて,危うく保険金殺人に遭遇しそうになるも,まあ,そういうリスクは仕方がないね~講習で色々なアクシデントを経験するのだが,いざ遭遇すると流行り焦りますね~.気を取り直して,陸に上がり,メスクラドスで,特大のマガ・ラヒバーガー($0.5値上げした模様)を2人でシェアしたのだが,2人でもお腹一杯のボリュームで満足するのであった.楽しい南国もあっという間に終わるのであったが,初釣りは釣果に恵まれたということで,幸先の良いで出しを強引に演出することができ,次回の釣行は,どこから着手しようかと思案するのであった.

http://www.kuchimouth.x0.com/fish/index.php?e=306 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::その他 | by くちマウス |
太刀魚終わりました
 待ちに待っていた週末というのに,色々あって,ちょっと早く帰れなかったりで,フラストレーションはレッドゾーン...ならば土曜日出発ならと,出かける直前に天気予報を見ると,なんと予報が早まっているではないか!全然当たらないやんか~気象庁さん!といっても自然現象,解っていたら,みんな,こんなに苦労もしないよね~ここは自己責任,強行突破するしかないっということで,今日もやってきました和歌山港,雨降っちゃうんだろうな~って思いながらもテンションダダ落ちの中,釣り糸を垂れるのであった.まだ,雨も降らない明るいうちに現地に到着するも,予想はしていたが全くの当たりもなく,地元のオイヤンたちはアジ狙いばっかりと,太刀魚の仕掛けを投じている輩の姿をとらえてもやる気オーラを全く感じない.そういう予感は,高確率で的中することは重々承知しているのだが,なんか,粘ってしまう.そうこうしているうちにレーダーでの雨雲もドンドンと近畿地方へと近寄って来て,ああ,夜にも拘らず西の方から厚い雲がやって来るのが解る状態.23時ごろからポツポツと降り始め,合羽を着ながらの応戦となるが自然に対しては完全にアウェー何せ当たりがないのが,やる気を維持できない状態へと導いていく,ホント一人になるまで粘った方だと思うんだけど...ポキッ!あれ?今なんか変な音がしましたね~っということで,完全ヘタレで心が折れ,朝マズメを待たずに納竿となった.帰路での道中,雨脚も強まり,あそこでやめて正解であったが,まさかの当たり1回,収穫なしで今年の太刀魚を終わるとは思ってもみなかった,なんていうのが甘い公算であったことをしみじみと感じるのであった.次回はオイヤンのお誘い通り,アオリでやる気アップと行きたいものです~

http://www.kuchimouth.x0.com/fish/index.php?e=305 
comments (0) | trackback (0) | 釣果::和歌山市近郊 | by くちマウス |
  前の記事>>  ▲TOP▲
NEWS
PROFILE
total todayTODAY_COUNT
「いただきもの」欲しい方ClickHere

LINK
RANKING
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 釣りブログへ
CONTACT ME
MOBILE
携帯QRコード